乗換えと途中降機

乗換え

乗換え(トランスファー)とは、途中で飛行機を乗り換えること。つまり、機材が変わることを意味しています。空港に着いたら、トランスファーラウンジで乗り継ぎ便の搭乗ゲートと搭乗時間を確認しましょう。天候などの理由で、搭乗時間・ゲートなどが変更となることがあるので確認しましょう。日本で乗換え後の搭乗券をもらってない人は、カウンターで航空券を提示し搭乗券をもらいます。また、受託手荷物を最終目的地で受取る場合と、乗換空港にて受取り、再度預ける場合があるので出国時に注意が必要です。

途中降機

途中降機(トランジット)とは、燃料補給・航空機の整備等で他の空港に立ち寄り、同じ飛行機で再度出発すること。この場合、トランスファーと違い飛行機は変わりません。寄航時間は30分~1時間程度です。乗客は機内で待つ場合と空港のトランジットルームを利用する場合とがあります。機内では清掃が行われるので、機外に出る時は貴重品などは持って出ること。さらに、空港の係員から渡されるトランジット客用のカードを紛失しないように注意しましょう。

海外旅行保険 保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ