海外旅行プラン策定

個人旅行とは・・・

個人旅行に明確な定義は無いが、基本的には以下4つのタイプがあります。自由度の高い順にご説明します。

自由旅行
旅行者個人が旅行プランを策定し、航空券やホテルの予約も旅行代理店を通さずに個人で行う旅行形態。一般に自由旅行と呼ばれています。バックパッカーなどが自由旅行に該当します。往路の航空券のみを用意し、それ以外は全て現地で調達するスタイルです。
手配旅行
旅行者個人が旅行プランを策定し、必要に応じて航空券・ホテルの手配を個別に旅行代理店に依頼する、旅行業法上の「手配旅行」。旅行代理店を通さないと予約が難しい行き先が旅程に含まれている場合などに利用されます。一般的に自由旅行に含まれます。
受注型企画旅行
旅行者個人の希望に応じ旅行代理店側が旅行プランを策定し、旅程全体を旅行代理店が一括して予約・管理する海外旅行。ツアーが存在しないような場所に行きたい場合などに利用されます。
募集型企画旅行
(パッケージツアー)旅行代理店が旅行プランを策定する旅行業法上の「募集企画旅行」の中で、個人行動が主体であり原則として団体行動を伴わないプラン。現地滞在時間のほとんどが自由行動で占められているのが特徴。「フリープラン」「パーソナルプラン」「ハンドメードパッケージ」などと呼ばれている。

長所について・・・

自由旅行・手配旅行では旅程の制限がほとんど無く、思い通りの旅行が可能。海外旅行に慣れた人が良く利用する。

受注型企画旅行では旅行中の日程変更こそできないが、旅行会社が取り扱っている航空会社・宿泊施設の範囲内であれば旅行計画を事前に自由にリクエストできる。

募集型企画旅行はパッケージツアーであり、現地滞在時間のほとんどが自由時間になっている点と、参加人数が1人でも催行される店が特徴。延泊による日程延長、ホテルの選択、現地オプショナルツアーへの参加などを事前にリクエストできるため、自分の要望に近い旅程を作ることが可能。

欠点について・・・

価格
大人数の参加を前提とした団体パッケージツアーと比較し、同一行程・同一内容では旅行代金が高くなる傾向がある。これは各種の団体料金が適用されにくいためである。
保障の有無
自由旅行が自己責任であるのに対し、手配旅行も旅行代理店側に補償義務はなく、トラブルや日程変更に際しては自分自身が航空会社やホテル等と直接交渉するのが原則。もちろん海外旅行保険の手配も自分で行う。それに対し、受注型企画旅行および個人向け募集型企画旅行では、個人向けの旅行であっても通常のパッケージツアーと同様の保障を受けることができる。
訪問先の制限
美術館等の非公開部分、科学施設、軍事施設など。特別な許可を得たパッケージツアーに参加しなければならない。
国家による制限
旅行代理店を通したツアーの形態でなければ入国ができない国(ブータン・サウジアラビア・北朝鮮)を訪れるには、受注型企画旅行または募集型企画旅行を利用しなければならない。
案内・送迎
団体向けパッケージツアーでは当然とされる、空港でのチックイン、出入国手続き、現地での送迎、宿泊施設のチックインなどの世話が無いか、または簡素化されている。自由旅行・手配旅行では上記サービスは原則ない。受注型企画旅行では事前に旅程に含めてもらうことで上記サービスも可能である。

海外旅行保険 保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ