海外旅行保険 パスポートに関するQ&A

「パスポートの切替の際、残っている有効期限を引継げますか?」

 パスポートは、その所持人の身分事項の証明、海外渡航の許可、外国政府に対する所持人の通行の保障と保護扶助の要請を内容とした公文書であり、我が国内のみならず、外国においても一目瞭然、単純明快であることが必要不可欠となります。このようなことから、国連の専門機関であるICAO(国際民間航空機関)の勧告により、パスポートの規格やその記載事項については画一的に定められています。日本では、ICAO勧告に基づきパスポートの有効期間を最長10年としていますが、新たなパスポートを申請された場合、旧パスポートは残りの有効期間も含めて失効し、新パスポートの有効期間は、作成日(即ち発行日)から10年間となります。
 このように、10年有効の新規旅券に旧旅券の残存有効期間を加える措置は行っていない関係上、有効期間が5年の旅券についても制度の公平性の観点から同様の措置としています。

海外旅行保険 保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ