海外旅行保険 パスポートに関するQ&A

「パスポートに有効期限はありますか?」

  パスポートは世界で通用する「身分証明書」ですが、旅行先の国、あるいは旅行の目的によっては、パスポートの他にその国に入国するためのビザ(Visa、査証)が必要になります。ビザとは、旅行先の国が、訪問を希望する人のパスポートの有効性や訪問目的、滞在期間、入国の適格性などを審査した上で、訪問させても差し支えないと判断した場合に発行する「入国推薦状」のようなものです。また、国によっては、入国時又はビザの申請時に、パスポートに一定以上(3か月から6か月程度の場合が多い)の有効期間が残っていることが条件とされている場合があります。では、入国時にパスポートの残存有効期間が6か月必要な国に行こうとしているときに、あなたのパスポートの有効期間が5か月しか残っていない場合はどうすればよいのでしょうか。この場合、パスポートの残存有効期間が1年未満であれば、そのパスポートを返納して新たにパスポートの発給を申請することができます(ただし、返納するパスポートは失効し、残っていた有効期間は新しいパスポートの有効期間には加算されません。)。海外旅行を計画する時にはパスポートがあるかどうかだけでなく、そのパスポートがいつまで有効なのかということも必ず確認してください。

海外旅行保険 保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ