海外旅行保険 保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

疾病死亡

海外旅行先で病気をして、死亡されたときの補償内容です。

保険金をお支払いする場合

  1. 責任期間中に病気により死亡された場合
  2. 「責任期間中に発病した病気」または「責任期間終了後72時間以内に発病した病気(その病気の原因が責任期間中に発生したものに限ります。)」により、責任期間が終了した日からその日を含めて30日以内に死亡された場合。ただし、責任期間終了後72時間を経過するまでに医師の治療を開始し、かつ、その後も引き続き医師の治療を受けていたことを要します。
  3. 責任期間中に感染した所定の感染症により、責任期間が終了した日からその日を含めて30日以内に死亡された場合
「責任期間」とは、保険期間中でかつ旅行行程中(保険証券記載の海外旅行の目的をもって、住居を出発してから住居に帰着するまで)をいいます。
「旅行行程」とは、保険証券記載の海外旅行の目的をもって、住居を出発してから住居に帰着するまでの旅行行程をいいます。
「医師」とは、日本国外においては、被保険者が診察、治療または診断を受けた地および時における医師に相当する資格を有する者をいいます。また、被保険者が医師である場合は、被保険者以外の医師をいいます。
「所定の感染症」とは、コレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症をいいます。(平成22年8月現在)

保険金のお支払額

疾病死亡保険金額の全額を、死亡保険金受取人(被保険者の法定相続人)にお支払いします。

保険金をお支払いしない主な場合

  • 保険契約者、被保険者または保険金を受け取る方の故意または重大な過失による病気
  • 自殺行為、犯罪行為または闘争行為による病気
  • 被保険者が被ったケガによる病気
  • 妊娠、出産、早産または流産による病気
  • 歯科疾病
  • 戦争・その他の変乱による病気(テロ行為による病気は、「戦争危険等免責に>関する一部修正特約」により、保険金の支払対象となります。)
  • 核燃料物質等の放射性・爆発性等の事故による病気
  • ピッケル、アイゼン等登山用具を使用する山岳登はんを行っている間に発病した高山病についてはお受け取りになる保険金が削減されます。など
(注)
目的地を変更する場合、別途当社所定の割増保険料が必要な場合があります。あらかじめ割増保険料を払込みいただかないとお受け取りになる保険金が削減または支払われない場合がありますのでご注意下さい。
「その他の変乱」とは、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変をいいます。
「頸(けい)部症候群」とは、いわゆる「むちうち症」をいいます。
「医学的他覚所見」とは、理学的検査、神経学的検査、臨床検査、画像検査等により認められる異常所見をいいます。

海外旅行保険保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ