1. ゴルフ保険TOP
  2. ゴルファー傷害補償特約

ゴルファー保険(ゴルフ保険)の無料お見積り/ご契約はこちらから

ゴルファー傷害補償 (ご自身がケガをした場合)

イメージ

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でゴルフの練習、競技または指導中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされた場合に保険金をお支払いします(海外での事故も補償します。)。

  • ゴルフ場でプレー中に後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ゴルフプレー中、くぼみに足をとられ転倒しケガをした。 等

お支払いする保険金の種類

死亡保険金
事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、傷害保険金額の全額 (注) をお支払いします。
(注) 既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額となります。
後遺障害保険金
事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合、後遺障害の程度に応じて傷害保険金額の100%〜4% (注) をお支払いします。
(注) 既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額が限度となります。
入院保険金
事故によるケガの治療のため、入院された場合、傷害保険金額の1.5/1,000×入院日数(ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。)をお支払いします。
通院保険金
事故によるケガの治療のため、通院された場合、傷害保険金額の1/1,000×通院日数(ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限ります。また90日がお支払いの限度となります。)をお支払いします。

(注) 後遺障害保険金のお支払いする保険金の総額は保険期間(1年間)を通じて傷害保険金額が限度となります。
(注) 柔道整復師(接骨院、整骨院等)による施術の場合、保険金をお支払いする日数の認定にあたっては、傷害の部位や程度に応じ、医師の治療に準じて認定し、お支払いします。また、鍼(はり)・灸(きゅう)・マッサージ等の医療類似行為については、被保険者以外の医師の指示に基づいて行われた治療のみ、お支払いの対象となります。

保険金をお支払いしない主な場合

  • 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失によるケガ
  • 被保険者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為によるケガ
  • 被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によるケガ
  • 頸(けい)部症候群、腰痛その他の症状を訴えている場合に、それを裏付ける医学的他覚所見のないもの
  • ゴルフ場またはゴルフ練習場以外の場所で発生したケガ

海外旅行保険保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ