1. ゴルファー保険TOP
  2. ゴルファー賠償責任補償

ゴルファー保険(ゴルフ保険)の無料お見積り/ご契約はこちらから

ご留意点:
このホームページのご案内は2021年7月時点の商品の特徴を説明したものです。
詳細はご契約の際にご確認いただく「重要事項のご説明」をご覧ください。

ゴルファー賠償責任補償(法律上賠償責任を負った場合)

イメージ

ゴルフ場、ゴルフ練習場、ご自宅等で、ゴルフの練習、競技または指導中に他人の生命または身体を害したり、他人の財物 (注) を損壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします(海外での事故も補償します)。

(注) ゴルフカート等他人から借りたり、預かったりした物を除きます。

  • ゴルフ場のティーグランドでまわりを確認しないで素振りをしたら、パートナーに当たってケガをさせた。
  • 前の組のプレーヤーが近い距離にいたにもかかわらず、キャディの確認を待たずにボールを打ち、前の組のプレーヤーにボールが当たってケガをさせた。
  • 自宅の庭で練習中に誤って隣家のガラスを割った。 等

お支払いする保険金の種類

(1)損害賠償金
法律上の損害賠償責任に基づいて損害賠償請求権者に対して支払うべき治療費や修理費等(損害賠償請求権者に対する遅延損害金を含みます。)
(2)損害防止費用
事故が発生した場合の損害の発生または拡大の防止のために必要または有益であった費用
(3)権利保全行使費用
発生した事故について、他人から損害の賠償を請求することができる場合に、その権利を保全または行使するために必要な手続に要した費用
(4)緊急措置費用
事故が発生した場合の緊急措置(被害者の応急手当等)に要した費用
(5)示談交渉費用
被保険者の行う折衝または示談について被保険者が当社の同意を得て支出した費用等
(6)争訟費用
損害賠償に関する争訟について支出した訴訟費用、弁護士報酬等の費用

※上記(1)については、損害の額から保険証券記載の免責金額を差し引いた額をお支払いします。ただし、保険証券記載の支払限度額を限度とします。なお、(2)損害防止費用および(4)緊急措置費用を除き、事前に引受保険会社の同意が必要となりますので、必ず引受保険会社までお問い合わせください。

お支払いする保険金の額

被保険者が損害賠償請求権者に対して支払わなければならない損害賠償金の額は、適用される法律の規定、被害者に生じた損害の額および被保険者の過失割合等によって決まります。被保険者が、法律上の損害賠償責任がないにもかかわらず被害者に対して支払った見舞金等は、保険金のお支払い対象とはなりません。

ゴルファー賠償責任補償特約の対象となる国内で発生した賠償事故について、三井住友海上がお客さまに代わって相手の方との示談交渉を行うサービスをご提供します。

日本国内において発生した事故について、被保険者のお申出により、示談交渉をお引き受けします。ただし、損害賠償請求者が同意しない場合、被保険者が負担する法律上の損害賠償責任の額が保険金額を明らかに超える場合、正当な理由なく被保険者が協力を拒んだ場合、損害賠償請求に関する訴訟が日本国外の裁判所に提起された場合には示談交渉を行うことができませんのでご注意ください。また、話合いでの解決が困難な場合等、当社は必要に応じ被保険者の同意を得たうえで弁護士に対応を依頼することがあります。

保険金をお支払いしない主な場合

  • 保険契約者・被保険者の故意によって生じた損害賠償責任
  • 被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任
  • 被保険者が他人から借りたり預かったりしている財物の損壊についての損害賠償責任
  • 戦争・暴動・天災(地震、噴火、またこれらによる津波)等に起因する損害賠償責任
  • 被保険者の心神喪失に起因する損害賠償責任
  • 航空機、船舶・車両(ゴルフ場敷地内におけるゴルフカートを除きます)、銃器の所有
    使用・管理に起因する損害賠償責任
  • 罰金、違約金、懲罰的賠償額に対する損害賠償責任

海外旅行保険保険の無料お見積り/ご契約はこちらから

ページの先頭へ