ゴルファー保険コラム

税金がかかる? ゴルフ保険で受け取った保険料

税金がかかる? ゴルフ保険で受け取った保険料

ゴルフの練習中やプレー中に怪我をしたり事故に遭うことがあります。場合によって、自分が加害者になってしまうケースも珍しくありません。
そんなとき、ゴルフ保険に加入していれば、一定の金額まで補償されるので非常に安心です。
では、このゴルフ保険が適用されたときに支払われる補償金額に税金はかかるのでしょうか?

ゴルフ保険とは

ゴルフ保険はゴルファー保険とも呼ばれ、ゴルフに関するさまざまな損害を補償する保険です。これは練習中やプレー中、指導中に起きた事故なども補償してくれます。
一般的に、自分が怪我をしたり他人に損害を与えた場合に、治療費や賠償費用が支払われるケースがほとんどです。
他にも、ホールインワン・アルバトロスを達成した場合に支払われることもあり、大きい額になると第三者への賠償責任で1億という金額が補償されています。

自分が怪我をした場合・障害補償

障害補償とは、ゴルフのプレーによって自分が怪我をした場合に適用される補償です。
自分の怪我に対して支払われた保険金に税金はかかりません。
しかし、確定申告で医療費控除を受ける場合、支払った治療費は薬代も含め、ゴルフ保険の障害補償で受け取った保険金を差し引かなければいけないため、注意が必要です。

人のものを壊してしまった・怪我をさせてしまった場合:損害賠償補償

ゴルフの練習中や指導中、競技中におきた事故が原因で第三者の身体に損害を与えてしまい、その賠償責任を負ったときに保険金が支払われます。
これは、相手の身体だけでなくクラブなどの財物も対象となります。
この損害賠償保障によって受け取った保険金は税金がかかりません。

ゴルフ用品が壊れた・盗まれてしまった場合:ゴルフ用品補償

ゴルフ用品は高価なものです。このため盗難にあうトラブルも珍しくありません。
また、練習中に打ち損じて壊れてしまうこともあります。
このゴルフ用品の損害を補償してくれるのがゴルフ用品保険です。
ゴルフ用品補償で受け取った保険金に税金はかかりません。

お祝い事が発生:ホールインワン・アルバトロス補償

日本のゴルフでは、ホールインワン・アルバトロスを達成したときに記念品を贈ったり、祝賀会を開くという文化があります。
このため、ホールインワン等を達成した場合に多額の費用がかかってしまうこともあるのです。これを補償するのがホールインワン・アルバトロス補償。この保険で受け取った保険金は一時所得として扱われます。ゆえに税金の対象となるため注意が必要です。

なぜこの項目だけ税金がかかるのかというと、所得税法によって非課税とする条件に「心身に加えられた損害や突発的な事故によって資産に加えられた損害を原因に取得するもの」と定められているためです。
この項目にホールインワンやアルバトロスは当てはまらないと判断されます。

ホールインワン・アルバトロスを達成した時の税金計算

たとえば、ホールインワンを達成して100万円の保険金が出た場合、課税対象は以下のようになります。

課税対象金額 = 100万円-必要経費(保険料など)-特別控除50万円×0.5(50%)

この計算式で求められた金額に税金が発生します。
記念品代などは経費として認められないため注意が必要です。経費として認められるのは保険料や保険金請求のためにかかった交通費、切手代などごく一部です。

税金がかかる? ゴルフ保険で受け取った保険料

ゴルフ保険ではほとんどが非課税ですが、ホールインワン・アルバトロスでは税金が発生することをしっかり覚えておきましょう。
ゴルフ保険はいつどんなタイミングで申請することになるかわかりません。
前もって、トラブルが起きた際の対処手順などを確認しておくことが大切ですよ。

⇒ゴルフ保険についてはコチラ

保存

-ゴルファー保険コラム