ゴルファー保険コラム

ゴルフ保険はカードに付帯されたのが良い? カード付帯の特徴

ゴルフ保険はカードに付帯されたのが良い? カード付帯の特徴

ゴルフ保険にはさまざまな会社が参入しています。カード会社が運営するゴルフ保険もあるため、大変多くの会社の中から選ぶ必要があります。
ゴルフは道具をそろえるだけでも結構なお金が必要になります。十分な道具を一式そろえるのにカードを利用する方も多いのではないでしょうか?
このとき、カードの選び方を工夫することで、お得に保険のサービスを受けることができます。今回は、ゴルフ保険が付帯されたカードについてご紹介していきます。

ゴルフ保険が付帯されたクレジットカードの特徴

クレジットカードに付帯されているゴルフ保険の内容には、主に以下の6つがあります。

〇賠償責任補償
これは、ゴルフの練習中あるいはプレー中に誤って他人にケガをさせてしまったときに補償されるものです。
損害賠償補償は、通常であれば海外旅行の傷害保険に含まれます。

基本的には旅行中のみ適用される保険ですが、ゴルフ保険が付帯されていれば加入することで、ゴルフのプレー中の事故はもちろんゴルフ以外でも併用して補償を受けることができます。このため海外でゴルフをする人には心強い保険と言えるでしょう。

〇傷害死亡・後遺症障害補償
ゴルフ保険は、ゴルフの練習中・プレー中の事故によって死亡してしまった場合や、事故によって後遺障害が残ってしまった場合に保険金を支払います。これは、相手への損害を補償するものでなく、自分に対しての補償となります。

〇入院日額補償・通院日額補償
ゴルフの練習中・プレー中などの際に起きた事故が元で、怪我をしたときの補償です。入院期間や適用されるタイミングはクレジットカード会社によって異なります。
また、入院でなく通院でも補償されます。
この補償でも、カード会社によって有効となるタイミングや補償金額が異なるため注意が必要です。

〇ゴルフ用品損害補償
ゴルフ場あるいはゴルフ練習場で、ゴルフ用品が壊れたり、盗難があったりした場合に、その被害が補償されます。しかし、新品価格ではなく時価の価格となるのがほとんどです。
このため、たとえ新品であっても、買ったときの金額が全額補償されるケースは少ないと考えられます。

〇ホールインワン・アルバトロス補償
ホールインワンやアルバトロスを達成したときに、他のプレイヤーに渡す祝儀などの出費を補償してくれるものです。

クレジットカードのゴルフ保険付帯パターン

ゴルフ保険が付帯されるクレジットカードには「ゴルフ保険自動付帯型」と「専用ゴルフ保険加入型」の2つがあります。

・ゴルフ保険自動付帯型とは
クレジットカードの利用を開始した時点で、ゴルフ保険に加入したとされる保険・クレジットカードのことです。これは海外旅行損害保険の自動付帯と同じ仕組みと言えます。基本的にクレジットカードには年会費が発生する傾向があり、全てではありませんが賠償責任補償も1億と高額であるのが特徴的です。

・専用ゴルフ保険加入型とは
クレジットカードを所有した人が加入できる追加加入型の保険です。
クレジットカードの年会費の有無はカード会社によって異なりますが、保険料(年会費・月額)を支払うのが基本になります。このときの保険料は、単独でゴルフ保険に加入するよりもお得な金額であるのが多いです。

カード付帯型ゴルフ保険の注意点と嬉しい特典

クレジットカードに付帯されたゴルフ保険には、「ホールインワン・アルバトロス補償」が対象外となっている場合があるため、注意しましょう。
利用者の多いJALゴールドカードやJALダイナースカードなどはゴルフ保険に加入すると同時に「ホールインワン・アルバトロス補償」もオプションで契約することになります。
クレジットカードのゴルフ保険に加入することで嬉しい特典や優待が得られます。

たとえば、ゴルフトーナメントへの招待やゴルフ場予約代行、最新ゴルフクラブの割引レンタルなど、さまざまなサービスが得られます。
たとえばJCB・PGAクラブカードというJCBとPGA(社団法人日本プロゴルフ協会)が提携しているカードでは、会員レッスン会やゴルフスクールの優待など魅力的な特典が受けられます。

ゴルフ保険はカードに付帯されたのが良い? カード付帯の特徴

ゴルフ保険は、補償額や年会費や月々の保険料から選ぶのが一般的です。
しかし、ゴルフを頻繁にプレーする人ほど、クレジットカードに付帯されたゴルフ保険を中心に選ぶことをおすすめします。さまざまな特典や優待が得られるため、ゴルフに関する優待や情報を得たい方はカード付帯のゴルフ保険がおすすめです。

⇒ゴルフ保険についてはコチラ

保存

保存

保存

保存

保存

保存

-ゴルファー保険コラム