ゴルファー保険コラム

ゴルファー初心者必見! 失敗しないシューズの選び方

ゴルファー初心者必見! 失敗しないシューズの選び方

ゴルフをプレーされている方々の中には、ゴルフシューズ選びで迷った経験がある方も少なくないでしょう。
ゴルフはただ道具をそろえれば良いわけではありません。

自分に適した道具を選び、正しく使うことでスコアの向上につながります。
ここでは、初心者の方に向けてゴルフシューズの選び方についてご紹介します。

ゴルフシューズの種類

ひと口にゴルフシューズと言っても、種類があり、それぞれに個性があります。

・メタルスパイクシューズ
金属製の鋲がついたスパイクです。
他のスパイクと比べて重いという特徴があります。
しかし、足を擦って歩く人が多く芝生が傷だらけになってしまうことから、メタルスパイクの使用を禁止するゴルフ場もありますので注意が必要です。

・ソフトスパイクシューズ
ソフトスパイクの特徴は、通常のスパイクとは異なり、鋲が樹脂でできていることです。
ソフトスパイクは軽い上に交換が可能なため、経済的です。鋲は金属製と比べて面積が広くグリップ力に優れています。

・スパイクレスシューズ
スパイクが付いていないゴルフシューズです。グリップ力はスパイクがあるシューズと比較すると落ちるものの、ソールの溝やパターンを用いることでグリップ力を高めています。
このシューズは、履きやすく疲れにくいという特徴があります。

ゴルフシューズは大まかに以上の3つがありますが、革靴タイプとスニーカータイプで分けることもできます。
近年では軽量化が重要視されるため、スニーカータイプが好まれています。

初心者向けゴルフシューズの選び方

初めてゴルフシューズを選ぶときは、次のポイントが大切です。

・ソフトスパイクを選ぶ
ゴルフ初心者の方はグリップ力があるものを選びましょう。
ゴルフでは足で地面をしっかりつかむことが、安定したスイングにつながります。
初心者の方は、自分の足だけで地面をしっかりつかむことは難しいので、スパイクを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

・スニーカータイプがおすすめ
スニーカータイプは柔らかく軽いため、足を動かしやすく疲れにくくなり、初心者に向いています。
スニーカータイプは通気性がいいため、不快な臭いが生じにくいです。

・軽量モデルを選ぶ
スニーカータイプを選ぶだけでなく、そのなかでも特に軽量が売りの商品を選ばれるのも1つのポイントです。
先にもご紹介しましたが、シューズは軽量であるほうが疲れにくく動きやすくなるからです。

・防水性能があること
ゴルフは雨でもプレーするスポーツです。
そのため防水性能がないシューズは、雨を吸って重さが増すだけでなく不快に感じる恐れもあります。
防水性能にポイントを置いた場合、革靴タイプを選ぶ方が多いですが、最近ではスニーカータイプでも防水性の高いものがあるので、店員に尋ねてみることをおすすめします。

試着する際のチェックポイント

性能がいいシューズであっても、自分の足に合ってなければ意味がありません。
必ず試着をしてから購入することが大切です。

・試着するのは午後3時以降
人間の足は午後3時頃に最もむくむと言われています。
足がむくんだ状態で、靴を選んでしまうと、朝に靴を履いた時に履きづらさを感じることもあるので、注意が必要です。

・実際に両足で履いてサイズを確かめる
右足と左足でサイズが異なるという方は珍しくありません。
このため、右足ではちょうどよくても、左足では合わないという場合があります。
必ず両足で試着することをおすすめします。

・つま先にはスペースを残す
スポーツするときの基本ですが、靴はつま先にゆとりがあること、横幅があっていることが大切です。
ゆとりがない靴で運動をすると親指や小指の付け根の骨に異常をきたす恐れがあります。
足の親指と小指が側面から締め付けられることなく、つまさきを浮かせられるよう、1cm程度余裕があるものを選びましょう。

・足の甲周りがフィットしていること
足の大きさだけでなく、甲周りの横幅なども意識しましょう。
履いた時に違和感を覚えないことが最も大切です。
ゴルフシューズにはアーチ(土踏まず)の高さなどの表記もあります。
自分にあったサイズが分からない場合は、ショップの店員に相談しましょう。

ゴルフでミスが生じる5つの要因とは? ゴルフスイングのコツ

ゴルフシューズは、ゴルフスイングの基本となる体重移動に大きく影響します。
このため、慎重に検討しながらゴルフシューズを選ぶことが大切です。
足のサイズを細かく計測してくれるお店もあるので、購入前に相談してみてはいかがでしょうか。

■ゴルフ保険の記事
⇒ゴルフ保険についてはコチラ

-ゴルファー保険コラム