ゴルファー保険コラム

ゴルフでミスが生じる5つの要因とは? ゴルフスイングのコツ

ゴルフでミスが生じる5つの要因とは? ゴルフスイングのコツ

ゴルフでは、ちょっとしたミスの積み重ねが悪いスコアにつながってしまいます。
ゴルフでスコアを伸ばすには、ひとつひとつのミスをなくすことが大切です。ゴルフのミスには、体の使い方や道具の使い方・選び方などが原因として挙げられます。
ここでは、ゴルフでミスが生じる要因についてご紹介します。

ゴルフでよくあるミスと要因

スコアが伸びない要因には次の5つのミスが考えられます。

・ダフリ
ボールの前面を打つことができず、ボールの下やボールの手前を叩いてしまうこと。
これを行ってしまうと、ボールは勢いよく飛ばずに弱々しく飛んでいき、ぼてぼてと転がってしまいます。

・トップ(トップボール)
ボールの前面にクラブを当てるとき、半分よりも上を叩いてしまうことをトップといいます。ゴルフクラブのリーディングエッジ(最も下の刃部分)の軌道が、ゴルフボールの中心点より上を通るとこの状態になります。
トップは、ボールが上に上げることができず、地を這うような弾道を描きます。

・スライス
ゴルフ初心者に多いミスです。ゴルフクラブのフェースがボールに対して利き手方向に向いて当たっていることが原因です。このように打つと、打球は利き手方向に大きく曲がります。

・フック
ゴルフクラブのフェースがボールに対して内側(体側)を向いて当たっていることが原因です。
このように打つことで、利き手とは逆の方向に大きく曲がってしまいます。

・シャンク
ゴルフクラブのホーゼル(ヘッドの付け根)にボールが当たり、利き手方向にコースから外れて飛び出してしまうミスです。

ゴルフのミスをなくすためには?

■ 正しい姿勢でダフリをなくす
ボールの手前で地面を打ってしまうダフリは続きやすいミスです。
ダフリは姿勢の悪さによって起きていることが多く、矯正しないかぎりミスが続いてしまう恐れがあります。
前傾になりすぎるとダフリが起こるため、正しい前傾姿勢をキープするようにしましょう。
まず、両膝の角度がスイング中に変化しないようにすることが大切です。
次に、股関節から前傾になるよう姿勢を安定させましょう。骨盤の前傾をキープしてスイングしたとき、フィニッシュ時にお尻の位置が肩やかかとよりも後ろに残っていれば適切です。
最後に、背中の角度も大切です。猫背になっているとクラブのヘッドが理想の位置よりも下に下がってしまいます。
背筋を伸ばしてキープすることが大切です。

■ 適切な体重移動でトップボールをなくす
トップボールもダフリと同じ原因が考えられますが、ほかに体重移動にも注意が必要です。
トップボールになってしまうのは、体重が右足に乗ったままになっていることが主な原因と考えられます。
トップボールを克服するには次の4つがポイントです。

・重心が足の母指球にかかっており、かかとに乗っていないこと
・バックスイング時は、重心を右足の土踏まずで受け止めるイメージで行うこと
・ダウンスイングは左足で地面を踏みつけるように行うこと
・フォロースルーのとき、左足が外に流れないように意識をし、重心が左足の土踏まずに残っていること

■ スライス・フックをなくす
スライスやフックをなくすには、クラブのフェースの向きとスイングの軌道に注意が必要です。
フェースの向きを適切に保つためにはグリップや手首の角度を、軌道ではゴルフの基本であるインサイドインを意識しましょう。

1.クラブを普段通り握ったまま肩の高さ、胸の正面に来るように構える(このときクラブは地面に対して垂直です)。
2.手首を右に回してクラブを地面と平行にします。
3.右ワキが開かないように意識し、クラブの水平を保ちながら両腕を右に持っていきます。右ひじが90度に曲がるイメージです。
4.そのままの状態で体を前傾にします。
この段階がスイングで正しいトップの位置になります。
5.グリップエンドをボールに向けて一直線に振り下ろすイメージで肩を回します。こうすることで、自然とインパクト時には手首が返り、クラブヘッドが回転するでしょう。

以上の行程を意識することで、フェースがボールに対して正面を向くようになり、またスイングもインサイドインの基本的なものになっていきます。

■ シャンクをなくすには?
シャンクはかかとに重心があること、正しい前傾姿勢が維持されていないことが原因です。
先にご紹介した「正しい姿勢」「正しい体重移動」「基本のスイング」を身に付けていくことで自然と解消されます。
ゴルフでは基本の姿勢とスイングが大切であると心掛け練習しましょう。

ゴルフでミスが生じる5つの要因とは? ゴルフスイングのコツ

ゴルフで起こりやすいミスについてその原因と正しいゴルフスイングについてご紹介しましたが、個人で練習していると自分がどのようなスイングをしているかわかりにくいものです。
トレーナーに教わったり、映像として記録したりして、改善を重ねていくことが大切でしょう。

■ゴルフ保険の記事
⇒ゴルフ保険についてはコチラ

-ゴルファー保険コラム