海外旅行保険コラム

海外旅行では海外旅行保険が必須! 保険加入のタイミングは?

2016/11/17

海外旅行では海外旅行保険が必須! 保険加入のタイミングは?

「海外旅行に行くときは、海外旅行保険に入ることが大切」とは知っているものの、海外旅行が初めてだったり不慣れなうちは、実際にいつ海外旅行保険を契約すれば良いのか迷ってしまうもの。
ここでは、海外旅行に必要不可欠な海外旅行保険を契約するタイミングについてご紹介します。

海外旅行保険とは

海外旅行中に起きた怪我や病気の治療費を補償したり、物を損壊してしまったときの賠償金を補償してくれたりするのが海外旅行保険です。
海外では、日本と環境が異なるために、体調を崩してしまう人も少なくありません。また事故や事件、盗難などといったトラブルに巻き込まれる恐れもあります。
こういった海外旅行で起こるさまざまなトラブルを補償してくれるのが、海外旅行保険です。

なぜ海外旅行保険に入る?

海外の医療費は日本と比べて比較にならないほど高額です。また、緊急で呼んだ救急車が有料である国や地域もあります。海外で医療を受けると、数百万円から1千万を超える金額を請求されることも珍しくありません。
このため、海外旅行に入っておくことは必須と言えます。

海外旅行保険は以下の項目について補償しています。
・治療費用
・救援者費用(家族が現地に向かうための交通費と滞在費)
・死亡
・後遺障害
・飛行機遅延費用(遅延や欠航などでやむを得ず宿泊した際の費用や飲食費など)
・航空機寄託手荷物遅延費用(手荷物の到着に遅れがあり、現地で代替品を購入した際の費用)
・携行品損害(所持品が盗難にあったり損害した物の補償)
・個人賠償(誤って他人を怪我させたり、物品を壊したりしたときの賠償費用)

海外旅行保険の期間は?

海外旅行保険は、旅行の目的で自宅を出発したときから、自宅に戻ってくるまでの間を保証しています。このため国内であっても、自宅を出て空港へ向かう間に起きたトラブルであれば、補償を受けることができます。となれば、海外から日本に戻ってきた後、自宅に帰るまでに起きたトラブルについても同様です。
このため、海外旅行保険は家を出る前に入っておいたほうが、安心できます。

海外旅行保険に加入するタイミング

・海外旅行申し込み時などの際に申しこむ
海外旅行は、パスポートの準備や飛行機の予約などで、数週間前から計画するのが一般的です。このため海外旅行の申し込みや飛行機チケットの予約をした際に、合わせて海外旅行保険の申し込みをしておきましょう。

・インターネットで当日の朝までに申し込む
最近では、インターネットを利用して海外旅行保険の申し込みができる保険会社もあります。前もって申し込みができていなくても、インターネットで保険を申し込むことで、出発日から保険が適用されるプランがあります。

・空港にある保険の自動販売機を申し込む。
海外旅行保険は、空港の自動販売機で申し込むことができます。
急に、海外へ出張しなければならなくなった場合などに利用する人が多いです。
空港では出発までの時間が切迫しているため、空港で自動販売機などがなかなか見つけられなかったりすると焦ってしまうこともあるので、注意が必要です。

当日申し込みの注意点

海外旅行保険には、保険会社が提携している病院で治療を受けられた場合、その場で自己負担をする必要がなく、保険会社が直接病院に支払ってくれるサービスがあります。しかし、出発日当日に申し込んだ場合はこのサービスが利用できない恐れがあります。

海外旅行では海外旅行保険が必須! 保険加入のタイミングは?

海外旅行保険の補償内容は保険会社によって、さまざまです。インターネットでは、旅行先と宿泊日数によって、海外旅行保険の費用を会社ごとに比較できるサイトもあります。
海外旅行保険は、会社によって「出発する3カ月前」あるいは「出発の45日前」から申し込めます。海外旅行が海外旅行保険の申し込み期間外に決まった場合は、保険の内容をしっかりと比較してから、申し込むことをおすすめします。

海外旅行保険についてはコチラ

保存

保存

保存

-海外旅行保険コラム