ゴルファー保険コラム

ゴルフ初心者が知っておくべき、ゴルフ練習場の使い方と注意点

ゴルフ初心者が知っておくべき、ゴルフ練習場の使い方と注意点

ゴルフの上達のためには練習は必要不可欠です。
ですが、ゴルフを始めようと思ってクラブなどを購入しても、初めてのゴルフ練習場というのは不安でなかなか行けないという方もいるのではないでしょうか?
ここでは、「打ちっぱなし」の通称で親しまれるゴルフ練習場の利用方法や注意点についてご紹介します。

 

そもそも“打ちっぱなし”とは?

そもそも“打ちっぱなし”とは?
打ちっぱなしは「ゴルフ練習場」や「ゴルフレンジ」とも呼ばれる、自分のペースで練習できる場所です。
周りを高いネットで囲まれているため、思いっきり打っても問題ありません。
打席は横一列に並んでおり、練習場によってはフロアに分かれている場合もあります。
24時間営業であったり、夜遅い時間まで営業していることが多く、仕事帰りに寄る方も珍しくありません。

練習場には150ヤード(137.16m)程度の小型練習場と、200ヤード(182.88m)以上の大型練習場の2種類があります。
大型練習場ではドライバーで遠くへ飛ばすという醍醐味を味わえます。また、パッティンググリーンやアプローチ練習場、ゴルフショップやレストランなど施設が多いのも大型練習場の特徴で長時間の滞在も可能です。

 

 

利用するために

1.受付に行く
初めてゴルフ練習場を利用する場合、一人ではどこで打てばいいのかもわからなくなるものです。まずフロントに行って初めてであることを伝え、説明を受けましょう。
ゴルフ練習場が会員制の場合、2枚用紙を渡されるかもしれません。そこに「メンバー」「ビジター」などと書いてあったらビジターの紙に記入しましょう。
ちなみに、会員になると割安で練習できたりロッカーを使用できるなどのサービスを受けられる場合があります。

2.打席を決める
ほとんどの場合、打席は自分で決めることができます。
しかし、利用者の多い練習場では時間待ちをして、空いた打席に入ることもあります。
ちなみに、高所が苦手な方は2階以上だと少し怖いと感じるかもしれません。1階を選ぶことをおすすめします。

3.ボールを買う
ボールは現金で支払うか、プリペイドカードを購入してボールと交換になるでしょう。
また、ボールが打席の床から自動で出てくる場合と、打席から離れた販売機で購入する場合があります。受付で説明してくれるはずですよ。

4.練習は小さなスイングから
ゴルフ練習場の手順と言うより、ゴルフを練習する際の順番の説明になるのですが、初心者は短いクラブで小さなスイングから始めることが大切です。施設内にアプローチ練習場がある場合はそこから利用しましょう。
初心者がゴルフコースでスコアを伸ばすには、アプローチやパッティングの精度を上げることが鍵になります。
近い目標に向かってふわっとボールを打ち上げる練習をすることは、正しいスイングの習得につながります。

5.「まずは100球」が目安
初めてだとどれくらい打つべきかも迷ってしまいますよね。
最初は100球を目安に練習してみましょう。ボールは20球ごとに販売しているところもあれば、50球で販売してるところもあります。ペースを考えて購入しましょう。
初心者の場合、100球も打てば心地良い疲労感が得られるでしょう。

6.片付け
練習が終わったらきれいに片付けましょう。
ボールをカゴで買った場合はカゴを所定の場所に戻すか、受付へ返却してください。
ゴルフクラブやゴルフシューズをレンタルしていた場合も返却しましょう。
使用した打席のまわりに、ゴミが残らないように片づけることは最低限のマナーですよ。

 

 

ゴルフ練習場のマナー

ゴルフ練習場のマナーは片付けだけではありません。
次の項目を守りましょう。
・練習場では大きな声での会話や笑い声は控える
・練習場に置いてあるお手拭き用のおしぼりでクラブを拭かない
・指定打席以外で素振りなどの練習をしない
・プレーヤー以外の人が打席に入ってはいけない
・フェアウェイへ立ち入ってはいけない
・革靴で練習してはいけない

 

 

こんなときはどうする?

・クラブがすっぽ抜けた
クラブをフェアウェイに飛ばしてしまったら練習場の係員に伝えましょう。練習場ではボールを集める時間が定期的に設けられているため、そのタイミングで拾ってくれたり、アナウンスで利用者に打つのを止めてもらってから係員が拾ってくれたりします。
決して自分で取りに行ってはいけません。

・ボールが余った
時間や疲労などで、思ったよりも打てずボールが残ることは珍しくありません。
そのときはゴルフ練習場に返却する場合と、そのまま置いて行っても良い場合があります。
ボールが余ったらまず近くにいる係員に問い合わせると良いでしょう。

ゴルフ初心者が知っておくべき、ゴルフ練習場の使い方と注意点

ゴルフ練習場は初心者にはなかなか踏み込みにくい場所かもしれません。
ですが、受付などのスタッフに相談すれば親切に教えてもらえるので安心してください。
上達のためにも、定期的にゴルフ練習場を使用してみてはいかがでしょうか。

ゴルフ保険についてはこちら

-ゴルファー保険コラム